失敗しないリフォーム業者選び2

失敗しないリフォーム業者選び2

TOP > リフォームの常識 > 失敗しないリフォーム業者選び2  

住宅リフォーム成功の秘訣 メニュー

失敗しないリフォーム業者選び2


信頼できるリフォーム業者を選び、トラブルを未然に防ぐチェックポイントについて考えてみましょう。


見積もり金額でチェックする

見積もりが極端に安いリフォーム業者には気をつけたほうがいいでしょう。テレビで話題となった耐震偽装ではないですが、材料の質を落としていたり、必要な工程を削っていたり、人件費を値切っていたりしている可能性があります。

また、見積書の表示で『材工一式○○万円』などと書いて、工事の区分や面積、などをはっきりと表示しない業者も注意が必要です。見積書では、各工程においてその工事に見合った金額であるかどうかを確認できるようになっていなければ意味がありません。

そういった見積書の詳細を明示できない業者は、適切ではなく適当に見積もりをしている可能性がありますので、避けたほうが無難といえます。また、工程表を出してくれない業者も要注意です。

リフォームは、基本的には現在の家に住みながら工事を行うことが多いと思われますが、工事が遅れてしまうとそれだけ生活に不便を感じるものです。まして、仮住まいをしている場合ならなおさらです。

実際には、天候などによって工事が遅れるなどやむをえない事情の場合もありますが、リフォーム業者の中には、うるさい客から先に、というところもありますし、職人が少なかったり、仕事を無理やり詰め込んでいる業者もありますから、チェックの必要があります。


工事費の前払いを求める業者

工事費の前払いや先払いを求めてくるリフォーム業者も注意が必要です。
こういった業者は、資金繰りが苦しいことを自ら表している証拠で、その資金で材料などの支払いをしていると考えられ、安心して任せられる業者とは言えません。


施工例を見せない業者

リフォーム業者の信用を図る方法の一つに、施工例を見せてもらい、実際にそのリフォーム業者でリフォームを行った消費者の話を聞くという方法があります。生の声を聞くことほど信用できるものはありません。

施工例を見せてくれなかったり、入居者に合わせないようにしているリフォーム業者は、自社でした工事に自信がない、入居者との間にトラブルが発生しているなどの理由が考えられますので、そういった業者は注意が必要です。


住宅リフォーム成功の秘訣 コンテンツ一覧

リフォームの常識
リフォームの種類/賢いリフォームの進め方/失敗しないリフォーム業者選び/失敗しないリフォーム業者選び2/リフォームの見積もり

間違いだらけのリフォーム
さまざまなリフォーム/できるリフォーム、できないリフォーム/やってはいけないリフォーム/法律によるリフォームの制限/介護保険でできるリフォーム

失敗しないリフォーム
リフォームのトラブル/悪質業者に気をつけろ!/住まいのメンテナンスの目安

地震とリフォーム
耐震補強とリフォーム/阪神・淡路大震災の教訓/地震大国日本/耐震診断をしよう/耐震補強の方法
リフォームの常識
  
  
リフォームの種類
  
賢いリフォームの進め方
  
失敗しないリフォーム業者選び
  
失敗しないリフォーム業者選び2
  
リフォームの見積もり


間違いだらけのリフォーム

  
さまざまなリフォーム
  
できるリフォーム、できないリフォーム
  
やってはいけないリフォーム
   法律によるリフォームの制限
   介護保険でできるリフォーム



失敗しないリフォーム

  
リフォームのトラブル
   悪質業者に気をつけろ!
   住まいのメンテナンスの目安



地震とリフォーム

   耐震補強とリフォーム
   阪神・淡路大震災の教訓
   地震大国日本
   耐震診断をしよう
   耐震補強の方法


リンクについて 

当サイトはリンクフリーです。
また、相互リンクも募集中です
のでどしどしお申し込みください。

住まいのリンク集
住まいのリンク集2
住まいのリンク集3
厳選リンク集
厳選リンク集2
厳選リンク集3
厳選リンク集4
厳選リンク集5
厳選リンク集6
厳選リンク集7
厳選リンク集8
厳選リンク集9
厳選リンク集10
厳選リンク集11
厳選リンク集12
厳選リンク集13
厳選リンク集14
厳選リンク集15
 
サイトポリシー
Copyright (C) 〜住宅リフォーム成功の秘訣〜 All Rights Reserved